前略

友人から以下です。



最新ブログを拝読し、急ぎ伝えるべきは、ブログの最後で高橋氏によって可能性として示された2件とも、いずれも自分が推理しているにかいではないこと。

そして、今一つ伝えなくてはならないのは、ブログにあったあのような書き方では、言及した2件とも、個人が特定出来る可能性のある書き方であり、失礼ながら拙速な感じ、粗略な感じを受ける。
当方としても、今後、こちらが伝える情報に対しても同様の扱いがあるのではないかと、情報を交換すべきかどうか不安を覚えたことも事実。もっと慎重に願いたい。

自分が、推理する紀貫之氏像を、ある意味、奥歯にモノが挟まったような表現内容に留めているのは、
あくまで、こちらに確証がないからで、確証がないものを明かして、それが独り歩きしては悪い影響が出ると思っているからだ。

確証とは、紀貫之氏が高橋氏への誹謗内容をネットに書いている現場をこの目で見たとか、あるいは、紀貫之氏の口から高橋氏をネットで誹謗しているとこの耳に告白を受けたというなら確証があると言える。
また、高橋氏が紀貫之氏のIP等を開示させたというももちろん確証だ。
自分の現状にはそのような確証はない。だから、慎重に伝えるほかない。
お節介なことだが、戦術として見た時にも、今回のブログは『高橋氏はわれわれのことをなんら把握できていない』と、紀貫之らにわざわざ教えているように感じられた。
あれを読んで、先方はこよなく安堵したと思われる。
こういった安堵は他にもあって、2ちゃんねるの書き込み等でも、高橋氏をおびき出したいと思える挑発を彼らは繰り返しているが、
それは、同じ目線で高橋氏がおびき出されて応酬している限り、自分たちの正体には高橋氏はまだ迫れていないと安心したい側面もあると眼んでいる。
そこへ、その期待に応えるように、やられたからやり返す的な書き込み返しをするのは、高橋氏に有利な展開をもたらさないのではないか。

これも余計なお節介ではあるが、高橋氏に有利に展開を運ぶなら、分かってきたぞ!のメッセージのみをひとまず出すのがよいのでは?
一言程度で『やっと雲がわかりました』といったようなフレーズがよいと思う。
ここで思い出さなくてはならないことは、彼らは高橋氏が訴訟に及ぶのではないかと見て、『合同会社・・・』のスレッドを立てたわけだった。
つまり、おびえているのは彼らの方だ。おびえる者たちには沈黙の方がさらに怖い。
無言で確実に迫ってきていると思ったら、おびえる者はいたたまれなくなるだろう。

有効なのはそういう展開であろう。あくまでお節介だが。

お節介ついでに、もう一つの効果も述べておく。それは彼らの攻撃抑止だ。分かってきたぞ!のメッセージを出すことにより、相手の動きはさらに止まるだろうとも思う。
匿名だから彼らはあのような狼藉内容が書けるのだ。そして、匿名が揺らぎ始めたら何も書けなくなるのがおち。
『潜んでいる雲までは突き止められたらしい。これでは風の一吹きでもあれば、姿が露わになりかねない。』
そのように思い始めたら、それでも、尚、攻撃を仕掛けて来れる彼らではない。段々と攻撃の手は止まってゆくのだろう。

そして、静かになったら、相手から停戦を申し入れてくる可能性が出る。これがけじめをつけさせる一番よい展開と思える。

さて、最後に、前回に言及しておいた63ページのにかいの書き込みを再度取り上げる。
28 01797】投稿者:にかい(ID:Erst2hCGndk)投稿日時:1212261403
『天罰の味ってどんな味なんだろ。。。
経験者がいたら語って欲しいわん。(笑)
エデュには、もう書き込みしないって約束したんでしょ。(笑)』

このスレから読み取れるのは、これを書いたにかいは、経験者”(=高橋氏)が何らかのペナルティーとしてインターデュに今後は書き込みをしないと約束させられた、このことがあると示唆している。
なんらかの示談の条件だったような書き方とも見える。
この事実に高橋氏は心当たりがないだろうか?
もしあれば、そういった書き込みをしない約束をした案件数は何件だろうか?

もしもこの13通目の手紙に返信のブログが書いていただけるなら、上記の約束をした案件の件数を次の要領で書いていただけないだろうか?

雲はやっとわかりました。なるほどです。
ちなみに例の件数は件です。確認願います。それでは、さらなる連絡を待っています。

このような感じでお願いできればと、勝手を申し上げる。そして、それを確認できたら、14 通目の手紙を考えるつもりでいる。



以上です。

草々

平成265月吉日

一読者より

注)平成2825日に島田真樹(仮名)は高橋嘉之(仮名)に会うことになり匿名手紙が全部自分であった事を認める羽目になります


 

【ブログ執筆後記~島田真樹(仮名)の匿名手紙を読んでみて~】