前略

友人から以下です。

今回は苦言を呈したい。 2ちゃんねる上でのミラーマン案件の実名公表はナンセンスである。これでは貫之と同じだ。先方が示談条件に違約したことが事実であるとしても、警告として採るべき適正な手段は他にあった。

これでは、貫之氏の人権問題を語るなど『天に唾する』ごときであり、ブーメランよろしく語った者に刃が返ってくるのみだ。
このままなら、高橋氏へこの件に関する情報提供、整理などを自分が続ける意味はなくなると考える。

高橋氏においては、一旦、きれいさっぱり2ちゃんねるへの書き込みを止めてみてはどうだろうか?
プロ固定の話やら、ミラーマンがらみのことなどをあの 2ちゃんねるのスレッドに書き入れるのは、高橋氏の強みを自ら挫いているだけである。
2ちゃんねるへ高橋氏が書き込まなくなったその時の、あちらの恐怖感はよほどに高いと知るべきだ。
書き込まなくなった時こそ、『やばい!本当に動きだした。』と逆に貫之サイドは思うのだ。

ところで、そもそも論ではあるが、客観的に高橋氏と貫之たちでどちらが強いか?それは明らかに高橋氏に分がある話だ。
そしてそれがなぜなのか?と言えば、高橋氏の方は実名を明かして、ご当人のブログで自論を述べている手続きの正しさがあるからだ。
この手続きの正しさは、独り圧倒的に高橋氏が優っている。

あちらにできるのは、もっともらしいことを撃ちかえしてきても、2ちゃんという不特定多数の中に紛れ込んでやっと撃てる程度の低レベルのものに過ぎない。

その強みを、わざわざ自ら、2ちゃんねるのうよ多数の中に紛れ込んで、あちらの実名曝しをやるのか?自分で自分を貶めているし、自分の強さを自分で半減以下に封じる結果になっているだけ。
それが証拠に、あちらが高橋氏の匿名書き込みには反応すること、 反応すること。
その反応の意味を勘違いしては駄目だ。それはあちらが高橋氏を『同じ穴のムジナ』として歓迎しているだけのことである。

それに付き合うのは時間の無駄だ。
これで最後かも知れぬが、上記に賛同されるなら、以下の腹芸をアップされたし。

『 貴殿の言われる紀貫之による、下旬の顔見せとは、主催する会のことですね?主催の会で顔見せする人物というなら、当方と貴殿の思っている互いの人物は一致ですね。
当方の解答が正解だったかどうか、できれば早めに連絡いただけないでしょうか?

また、前回お願いした資料について、例の所在を表す極限値の式の解答と同時に送付いただけるとのこと、ありがとうございます。
ただ、当方も読み方がわかってだいぶ絞れて来ましたので、解答を送っていただく前に自分で解けるかもしれません。
その時は、解けた時点で資料の方も発送いただけないでしょうか?

あと少しでキャッチアップできそうに思えてきています。そうなれば終止符が打てそうですね。
どうやら、あちらは動かないと決めたようにも見えます。
2ちゃんに相変わらずちょろちょろ書いていますし、釈明の気配はないようです。それならそれで、遠慮なく行ってしまってよいわけです。しっぺ返しの大きさに慄くのみとなるでしょう。

貴殿が提案されている代理人による解決も検討する用意はあります。ただし、代理人にもよります。
また、仮に代理人を立てることを認める場合、しかるべき釈明が先にあることも条件とする考えです。

これより、しばらく、以上の究明に集中します。行き着き次第、当ブログで打ち合わせた記号でお知らせします。
その時は、貴殿の解答も約束通り開示ください。よろしくお願いいたします。

以上


友人から以上です。

草々
平成267月吉日
一読者より

注)平成2825日に島田真樹(仮称)は高橋嘉之(仮称)に会うことになり匿名手紙が全部自分であった事を認める羽目になります

 

 

【ブログ執筆後記~島田真樹(仮称)の匿名手紙を読んでみて~】

“うよ”多数の中に紛れ込んで
島田真樹(仮称)がインターネット対策長時代からおこなっていたマッチポンプ。
それは絶対に自分の正体がばれないというおごりだったということでしょう。

腹芸
このような普段でも目にしないような熟語を使いたがるのは、国語能力自信満々の島田真樹(仮称)だからでしょう。
そして、その『腹芸』をそのまま高橋嘉之(仮称)氏のブログにアップさせることによって紀貫之氏への脅迫をおこなっていたのです。


貴殿が提案されている代理人による解決も検討する用意はあります。

 島田真樹(仮称)は、その代理人になることまで目論み、金銭詐取を考えていたということです。

当ブログで打ち合わせた記号
 島田真樹(仮称)は、インターネット上に雇ったもの数名とそのような記号を用いて、悪だくみの意思疎通を図っていたのでしょう。まるで、ヒトラー率いる旧ドイツのゲシュタポ気取りです。


【高橋嘉之(仮称)氏ブログに以前掲載されていた匿名手紙19番本文】

19通目(1)_26通匿名手紙

19通目(2)_26通匿名手紙

匿名手紙19通目封筒20140709